司法試験、予備試験の受験生のための情報配信サイトです。

法律相談センターの相談予約がインターネットで可能に

法律相談センターの相談予約がインターネットで可能に

制度概要

 東京の3弁護士会(東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会)が運営する法律事務所、法律相談センターは、4月1日からインターネットで相談予約を受付けるようになった。以前は、電話で、限られた時間内でしか予約ができなかった。相談者は、24時間、パソコン、タブレット、スマートフォンを使い、氏名・電話番号・メールアドレス・相談希望日時・相談の種類・相談内容を記入すれば予約可能になった。
 既にインターネットやスカイプで24時間法律相談の回答までしている弁護士もいるので、インターネットで相談予約しかできないというのはまだ不便さが残る。しかし、法律相談センターは、公的な団体が運営しており安価で相談できるという点で、利用者にとってメリットがあると思われる。

インターネット予約が可能な相談の種類

・離婚・親族
・相続・遺言
・借金相談(破産、債務整理等)
・金銭トラブル(個人間)、債権回収等
・借地・借家
・消費者問題相談(悪徳商法、インターネット被害、投資・金融被害等)
・労働相談(解雇、残業代、セクハラ、パワハラ等)
・生活保護相談

インターネット予約が可能な法律相談センター

・新宿総合法律相談センター
・霞が関法律相談センター
・錦糸町法律相談センター
・蒲田法律相談センター

コメント

 現状では、法テラス、大阪弁護士会が、同様の手続きでインターネット予約を受付けている。特に、大阪弁護士会は、相談フォームの中で選択できる相談の種類が、行政、刑事、医療、知的財産、中小企業、犯罪被害(被害回復、マスコミ対応まで)など多岐に渡り、相談種類の専門分野を持つ弁護士と利用者とのマッチングがしやすい仕組みをとっている。
 これからは、相談者が法テラス、法律相談センターといった安価なサービスを提供する公的機関に流れることが予想される。弁護士としては、このような公的機関や価格で勝負する法律事務所がライバルとなるだろう。そこで、これから弁護士を目指される方は、ご自身の専門分野を持つ、今までにない新規のサービスを提供する、など、いかに従来の弁護士との差別化をして利用者を獲得するか考えることが必要になるのではないか。

関連サイト

法律相談センター インターネット予約の案内
http://www.horitsu-sodan.jp/news/news940327.html
大阪弁護士会 インターネット予約受付
https://soudan.osakaben.or.jp/yoyaku/index.php

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional