司法試験、予備試験の受験生のための情報配信サイトです。

弁護士盗撮は肖像権の侵害?

弁護士盗撮は肖像権の侵害?

探偵業者による弁護士の盗撮に賠償命令

業務中に自身の写真を撮影された弁護士が、探偵業者に肖像権を侵害されたとして、損害賠償を求めていた裁判の判決が14日、京都地裁でありました。裁判所は弁護士の訴えを一部認めて、探偵業者側に30万円の支払を命じました。

訴えを起こした弁護士は、京都市にある企業の役員の職務代行者として活動していました。この役員の行動調査をしていた探偵業者が、調査をする中で撮影した写真の中に、当該弁護士の姿が写っていたのです。この写真撮影が弁護士の肖像権を侵害しているのではないかが問題となっていました。

探偵側は正当な業務の一環であると主張していました。しかし、裁判所は探偵業務において、写真撮影することの必要性には考慮しつつも、「弁護士はいつ、どこで、誰と接触しているかのか第三者に知られるのを嫌う職業で、弁護士まで撮影する必要性は非常に乏しい」とし、撮影の違法性を認めました。

弁護士を撮影するのは違法か

弁護士は依頼者との間に守秘義務を負いますので、この裁判所の判断は一見もっとものような気もします。
探偵業者が守るべき法律として、探偵業の業務の適正化に関する法律があります。
興味のある方はこちら

その6条で「探偵業者及び探偵業者の業務に従事する者は、探偵業務を行うに当たっては、この法律により他の法令において禁止又は制限されている行為を行うことができることとなるものではないことに留意するとともに、人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければならない」との規定があります。
今回の探偵業者の行為はこの規定上、問題があるようにも思えます。

一方で弁護士は、誰と接触しているのかを知られたくない職業というのは事実だとしても、その姿を撮影したからといって、弁護士と依頼者の間で守られるべき秘密が直ちに、暴かれる訳ではありません。そう考えれば、業務中の弁護士の姿に法的に保護される程の肖像権やプライバシー権があるのかは、微妙な感じもします。

ネット社会の発展と共に、肖像権やプライバシー権の侵害が問題となる事例が増えています。皆さんが弁護士になった際には、個人のプライバシーに関わる事案を扱う場面も多くあると思います。そういった意味でも、今回の判決は興味深いものといえるでしょう。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional