司法試験、予備試験の受験生のための情報配信サイトです。

司法取引・取調べ可視化義務付け成立へ

司法取引・取調べ可視化義務付け成立へ

司法取引制度の概要

 司法取引制度とは、検察官と被告人の間で行われる取引である。被告人が罪状を認める、共犯者を告発する、あるいは他人の犯罪について供述・証言することにより、検察官が求刑を軽くする、他の訴えを取り下げるといった被告人に有利な取り計らいをすることができる制度である。司法取引制度は、捜査がなかなか進まない重大犯罪の捜査の進展に役立つ情報を得ることができるなどのメリットがある。一方で、検察官による強引な取引の締結や、被告人の知識不足により罪状を認めてしまうなど冤罪を起こしやすいというデメリットもある。

取調べの可視化制度の概要

 取調べの可視化制度とは、捜査機関による取調べを録音・録画し、元来不透明であった取調べの実態を透明化する制度をいう。行き過ぎた取調べや冤罪を防止するために導入が検討されてきており、2006年夏から一部の事件の取調べで録音・録画の試行が始められた。取調べが可視化されることにより、取調べ状態をチェックすることができ、自白の強要等にあたるような違法な取調べを防止することができる。また、取調べ状況を記録したDVDが裁判の証拠として採用されることにより、視覚的に確認できるので、裁判員にとって分かり易いというメリットもある。他方、自己の取調べが自白の強要にあたらないかを気にするあまり、取調官が萎縮してしまい本来の取調べができなくなる恐れが生じるというデメリットもある。

コメント

 今回の刑事司法改革関連法案が可決されることにより導入される、司法取引制度及び取調べ可視化制度は、日本の司法制度には今までなかった制度である。これらの制度が導入されれば、現在の刑事手続は大幅に変更されることになると考えられる。これから法曹として働くことになれば、変更された制度の中で仕事をしていく可能性が高くなるため、これらの新しい制度についても考えを及ぼしていくべきであろう。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional