司法試験、予備試験の受験生のための情報配信サイトです。

ニュース

司法試験ニュース

電話接見制度の利用進まず

離島や遠隔地に留置された被疑者や被告人に電話で接見する電話接見制度が2007年より試行されているが、利用は進んでいない。
続きを読む

画像の説明

児童相談所で弁護士の利用促進 厚労省

厚生労働省は、児童虐待への対応強化策として、全国児童相談所による弁護士の利用を促進する方針を固めた。
続きを読む

画像の説明

山梨県弁護士会、法律相談にチケット制導入――件数減少対策に

山梨県弁護士会は、住民が無料相談を受けるための新たな手法として、今年11月から「チケット制」を導入する。これには、弁護士会の法律相談件数減少を防ぎ、潜在的なニーズを開拓する狙いがある。
続きを読む

画像の説明

合格発表直前 司法試験の今後について

 9月8日の平成27年度司法試験合格発表まで2週間を切った。9月8日の結果発表を受け、今後の進路を再考するという方も多いのではないだろうか。そこで、今年度までの司法試験の結果を踏まえて、来年度以降、司法試験がどう推移するかについて考察する。
続きを読む

画像の説明

人口知能の登場と弁護士業務

人工知能(AI)の技術向上が、弁護士業務にも大きな影響を与えつつある。AIを積極的に活用して競争に先んずる弁護士がいる一方、AIに業務を奪われ、あるいはその指揮下での仕事に甘んずる事態も既に現れてきている。

続きを読む

画像の説明

進む淘汰 ロースクールの未来は?

2015年に入り6校の法科大学院が新入生の募集を停止した。当初74校でスタートした法科大学院もこれで29校が募集を停止することになる。法科大学院制度は今後どうなるのか。進学を志すものはこれからどの点に留意すべきか。

続きを読む

画像の説明

平成28年度予備試験実施日程決定

8月5日、司法試験委員会決定により、平成28年度司法試験予備試験実施日程が定められたので、過去のスケジュールと比較しつつ、お伝えします。
続きを読む

画像の説明

給費制の復活は?大分で元修習生提訴

司法修習生に生活費などを支払う「給費制」を廃止したのは違憲として、11日、大分で元修習生が、損害賠償を求める訴訟を大分地裁に提起した。この訴訟を契機に、司法修習生の給費制の復活はあるのだろうか?
続きを読む

画像の説明

司法試験と予備試験

司法試験委員会第109回議事録に、司法試験と予備校の採点基準の違いについての発言が記載されていたので、その要旨と考察を記載した。
続きを読む

画像の説明

司法取引・取調べ可視化義務付け成立へ

司法取引制度の新設、取調べ可視化義務付けなどを柱とした刑事司法改革関連法案についての修正合意が、5日の衆院法務委員会で採決された。本日7日の衆院本会議で可決される見込みである。そこで、司法取引制度・取調べの可視化制度の概要をまとめた。
続きを読む

画像の説明

司法試験合格者数について弁護士間での意見対立

政府が今後の司法試験の合格者を「年間1500人以上」とした方針に対して、賛否両論分かれている今後の司法試験合者数について取り上げる。
続きを読む

画像の説明

将来分賠償を認める判決を勝ち取った弁護士

7月30日に第4次厚木基地騒音訴訟の高裁判決が出された。今回は、この訴訟と大阪国際空港訴訟を紹介し、将来における損害賠償請求を勝ち取った事案について投稿する。
続きを読む

画像の説明

弁護士の新たな活動領域

近年、弁護士の就職難が騒がれている。弁護士の新たな活動の領域を開拓していくことにより、活躍の幅は広がると考える。
続きを読む

画像の説明

司法分野における女性の進出の現状

安倍内閣の最重要政策の一つに、「女性が輝く社会」をつくることが挙げられている。今回は、司法の分野における女性の進出の現状とそれぞれの取り組み、今後の課題について考える。
続きを読む

画像の説明

給費制復活に対する運動の現状

司法修習生が貸与制になってすでに3期経過した。12月からは、9月に合格する新69期の修習も始まる。その中で、給費制復活を求める運動は加速している。ここで、今一度貸与制について知り、給費制復活運動について考えてみたい。
続きを読む

画像の説明

「子供シェルター」 弁護士が運営に関与

現在、弁護士の活動は多様化してきているが、その中の1つとして弁護士による「子供シェルター」の設立が全国に広がっている。
続きを読む

画像の説明

法務省が平成27年司法試験予備試験の論文式問題を公表

法務省は7月14日、同月11日と12日に実施された平成27年司法試験予備試験の論文式試験問題を法務省ホームページに掲載した。
続きを読む

画像の説明

「弁護士ゼロワン地域」解消 地方と弁護士の関わり

今月5日、島根県隠岐諸島の3町1村を管轄する松江地裁西郷支部管内に新たな法律事務所が開設されたことで、「弁護士ゼロワン地域」はすべて解消された。
続きを読む

画像の説明

法科大学院既習者適正試験免除についての検討

文部科学省は、法科大学院の適性試験について、法学既修者は受験が免除されるよう制度の見直しに至った原因について検討する。
続きを読む

画像の説明

司法試験合格者「年間1500人程度以上」正式決定

6月30日、法曹養成制度改革推進会議が開かれ、司法試験合格者数を「年間1500人程度以上」とする改革案が決定された。
続きを読む

画像の説明

中京大 法科大学院募集停止

中京大学は25日、法科大学院の学生募集を2016年度より終了することを発表した。
続きを読む

画像の説明

公認会計士試験制度からみる司法試験制度の未来

公認会計士試験制度と司法試験制度には、国の計画と現実が食い違い、当初の計画を修正したという共通点があるため、今後の司法試験制度の行方を予測するための参考として、公認会計士試験制度をご紹介したい。
続きを読む

画像の説明

自治体内弁護士という選択肢

法曹人口増加等により、弁護士の職域拡大は急務である。企業内弁護士が1000人を超える中で、さらなる活動の場 として、地方公共団体を選択する弁護士も増えている。
続きを読む

画像の説明

弁護士任官制度の現状

弁護士の豊かな経験や知識を裁判に反映させ、社会常識や庶民感情を軽視した判決を防ぐという目的をもった弁護士任官制度の現状について
続きを読む

画像の説明

法科大学院生の予備試験受験 その理由

法科大学院を修了すれば司法試験の受験資格を得られるにも関わらず、法科大学院在学中の学生が予備試験を受験するケースが多くなっている。その理由は予備試験合格により受けられる様々なメリットにある。
続きを読む

画像の説明

#clear"

司法試験合格率「7割以上」目標に 法科大学院改革

政府は法科大学院修了生の司法試験合格率を「7割以上」とする改革案をまとめた。
続きを読む

画像の説明

日弁連、「給費制」復活を求め集会

6月3日、日本弁護士連合会は、司法試験の合格者が、「無給・原則バイト禁止」の状態で司法修習を受けなければならない問題について、東京・永田町で国会議員との意見交換会を開いた。…続きを読む

画像の説明

弁護士による出張授業

各弁護士会が小学生から高校生を対象に出張授業を行っています。
続きを読む

画像の説明

法律事務所監修のブラック企業診断

弁護士法人アディーレ法律事務所(東京弁護士会所属)は、マイナビニュース内で公開されているブラック企業診断テストを監修しています。
続きを読む

画像の説明

司法試験合格者「1500人以上」に削減

5月21日、司法試験の合格者数につき、「年間1500人以上」とする検討案が政府の有識者会議において了承された。
続きを読む

画像の説明

弁護士が裁判官になる道(弁護士任官制度)

弁護士として経験を積んだ後に裁判官になる道があります。
続きを読む

画像の説明

LINEで無料法律相談が可能に

アトム法律事務所がLINEによる無料法律相談という新たなサービスを始めました。
続きを読む

画像の説明

企業内弁護士の今

弁護士資格を持ち企業で働く、企業内弁護士。その年収や働き方などの現状はどうなっているのでしょうか?
続きを読む

画像の説明

法律相談センターの相談予約がインターネットで可能に

今月1日から、東京3弁護士会が運営する法律相談センターの相談予約がインターネットで可能になりました。
続きを読む

画像の説明

検察官、裁判官の教員派遣を停止する法科大学院

今春から次の7校が裁判官、検察官の教員派遣を停止することになった。
続きを読む

画像の説明

良い弁護士、悪い弁護士どう見分けるの?

弁護士と依頼者のトラブルが増加している昨今、良い弁護士を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。
続きを読む

画像の説明

弁護士出張授業が人気!

現在弁護士会が主体となって弁護士による出張授業が行われている。授業が実施される数も年々増え、生徒たちからも好評であることから、この取り組みを紹介したいと思う。
続きを読む

画像の説明

試験勉強におけるインターネット利用と著作権問題

司法試験の勉強でインターネットを利用する人は多い。たとえば、ある問題で行き詰まったとき、インターネット上で意見を求めたい場合も考えられる。しかし、その際は教材や試験問題の内容をそのままアップロードするのは避けなければならない。
続きを読む

画像の説明

日弁連が奨学金に関する意見書を提出

日本弁護士連合会は、給付型奨学金制度に関する意見書を取りまとめ、文部科学省及び独立行政法人日本学生支援機構へ提出した。…続きを読む

画像の説明

国立大学7校目の募集停止、法科大学院廃止へ

熊本大学は2016年度から募集を停止すると発表し、2017年度で大学院の廃止が決定した。
続きを読む

画像の説明

女性弁護士を社外役員に、弁護士会の取り組み

日弁連が社外取締役や社外監査役の候補者として、女性弁護士の名簿を作成し、企業に提供する取り組みを行っています。
続きを読む

画像の説明

相次ぐ弁護士の不祥事

弁護士の不祥事を報じるニュースが後を絶たない。弁護士の倫理違反行為・犯罪行為を紹介するとともに、何故弁護士の不祥事が増え続けるのか考えてみたい。
続きを読む

画像の説明

法科大学院入試に臨まれる方へ

3月17日(火)の適正試験の出願開始を皮切りに法科大学院入試(2016年入学)が本格化する時期になってきました。そこで、今回は法科大学院入試を迎えるにあたって受験生が心がけるポイントについて紹介したいと思います。
続きを読む

画像の説明

「第三世代」の弁護士とは 弁護士のありかた

「どのような弁護士を目指すか」という問題は、学習計画を立てるために重要であり、司法試験を受ける上で避けられない。
今回は弁護士像の一つとして、総合サービスを提供する「第三世代」の弁護士像を紹介する。
続きを読む

画像の説明

お茶会を通じて弁護士が被災地で活躍

お茶会を通じて弁護士が被災地で活躍している。時の経過は早いもので、東日本大震災から4年が経過した。昨今、相次ぐ弁護士の不祥事があり、本分とは関係のないところで世間を賑わす法曹界であるが、本稿では被災地で支援活動を続けてきた弁護士を紹介したい。
続きを読む

画像の説明

弁護士懲戒年間100件超え 相次ぐ弁護士の不祥事

日本弁護士連合会は、2015年3月4日、2014年に全国の弁護士が受けた年間の懲戒処分件数は101件であった旨発表した。懲戒処分件数が100件を超える事態は、1950年の主計開始以来初めてのことである。
続きを読む

画像の説明

≪日弁連≫育児期間中の会費等免除制度がスタート!

日弁連は2015年4月1日より、育児期間中の日弁連会費等免除制度を開始する。
弁護士が日弁連に支払う会費(「会費」14000円及び「特別会費」)が、申請した育児期間6か月につき免除となる。これにより、弁護士業界にも、男女共同参画社会の促進、ワークライフバランスの充実が進められることとなる。
続きを読む

画像の説明

士業連携による総合的サービスの提供

浜松市には、弁護士を含む多様な分野の資格を有する者同士が連携して総合的サービスを行っている医療福祉経営サポートチーム(MST)という組織がある。今回はその活動を簡単にご紹介する。
続きを読む

画像の説明

法科大学院、またも1校募集停止

京都産業大学が3月2日、法科大学院の募集停止を決定した。これで募集停止を決定したのは24校目であり、法曹界全体にとっても頭が痛い話である。
続きを読む

画像の説明

法科大学院から見た予備試験 法科大学院協会意見書より

法曹となるには法科大学院と予備試験の2つのルートがある。しかし、本来「予備」のルートであるはずの予備試験の受験者は制度開始より増加し、その一方で法科大学院は入学者が減少している。このような現状において、法科大学院側は予備試験をどのように考えているのだろうか。今回は2014年11月12日に法科大学院協会が発表した、予備試験のあり方についての意見書から、予備試験制度の問題点をとりあげる。
続きを読む

画像の説明

弁護士会費について考える

弁護士を目指す司法試験受験生であれば、弁護士会費が他の国家資格が必要とされる、いわゆる「士業」の団体と比べて、突出して高額であることは聞いたことがあるだろう。そこで、今回は、弁護士会費の現状、使い道について考える。
続きを読む

画像の説明

修習中の給費制復活か?

日弁連は2月18日、東京・永田町で国会議員と司法修習生への給費の実現と充実した司法修習に関する院内意見交換会を開き、司法修習生の実情をうけ、給費制の復活が望まれている。
続きを読む

画像の説明

予備試験出願者数初の減少

司法試験予備試験出願者の速報値が、先日法務省より発表されました。出願者数は2011年の制度開始以来、初めて前年を下回りました。
続きを読む

画像の説明

アディーレ法律事務所が残業代請求で完全成功報酬型を実施

アディーレ法律事務所が残業代請求に関して、完全成功報酬型のキャンペーンを行っています。期間は3月31日まで。
続きを読む

画像の説明

司法試験の勉強もIT時代?

「資格スクエアクラウド」なるサービスを紹介すると共に、司法試験の受験対策について一考してみる。
続きを読む

画像の説明

裁判傍聴したことが「ない」世論調査で8割

今までに、裁判所見学や裁判傍聴をしたことが「ない」と答えた方の割合が8割以上に上ることが内閣府の行った世論調査で明らかになりました。
続きを読む

画像の説明

都市型公設事務所

弁護士が勤務する法律事務所にも多様な種類があります。今回は、その中でも、都市部の弁護士会が支援する都市型の公設事務所についてご紹介します。
続きを読む

画像の説明

裁判官というキャリア

司法試験に合格した場合、多くの方は弁護士への道を進みますが、裁判官や検察官になる方もいます。そこで今回は、裁判官のキャリアについて考えてみたいと思います。
続きを読む

画像の説明

予備試験について改めて考えてみる

本来、予備試験は補完的な制度でありますが、法科大学院の統廃合・補助金削減や予備試験受験者の増加で、以前よりもその役割が重要なものとなっています。そこで今回は、予備試験について概説し、加えてその問題点について触れてみたいと思います。
続きを読む

画像の説明

≪司法試験選択科目≫知的財産法の有用性

司法試験をこれから目指す人にとっては、選択科目をどのように選択すべきか悩むことだろう。そこで、今回は司法試験後の有用性も踏まえて、知的財産法選択の有用性を考えてみたい。
続きを読む

画像の説明

被災地復興と弁護士

東日本大震災で被災した自治体では、2014年10月時点で、計11名の弁護士が自治体職員として働いています。今回はその内容を簡単にご紹介します
続きを読む

画像の説明

予備試験の受験理由は「就職に有利だから」

法科大学院在学生が、予備試験を受験する理由の約8割が「就職に有利だから」ということが、予備試験受験者を対象にしたアンケートで明らかになりました。
続きを読む

画像の説明

成年後見制度と弁護士

現在、日本は超高齢化社会(65歳以上人口が全人口の21%以上)に突入しており、高齢者の割合は今後も増加していく。そのため、認知症高齢者等に対応するために成年後見制度の利用がさらに進み、その点での弁護士の業務も増加していくだろう。
続きを読む

画像の説明

司法試験出願者数減少も激戦必至

法務省は1月23日現在の司法試験出願者数の速報値を発表した。昨年より2か月ほど早い速報である(昨年は3月26日であった)。平成27年度の司法試験出願者数は、9073人となり、昨年より更に182人減少した。これにより、本年度の司法試験最終合格者は昨年より減少することがほぼ確実とみられ、平成28年度までに合格者を1500人とする自民党の司法制度調査会の提言が現実身を帯びてきた。
続きを読む

画像の説明

弁護士資格認定制度とキャリアプラン

弁護士資格を取得するためには、司法試験に合格後、原則として、司法修習を終了しなければなりません(弁護士法4条)。しかし、特例として、法律関連業務に一定期間従事した場合には、法務大臣の認定を受けることによって、司法修習終了に代替できます(同法5条)。これが、弁護士資格認定制度です。
続きを読む

画像の説明

東京に雇用労働相談センターを開設

厚労省が1月30日、国家戦略特区事業の一環として、東日本では初となる雇用労働相談センターを東京の赤坂に設置しました。同センターでは、起業間もないベンチャー企業や海外から日本に進出してきた企業向けに、弁護士、社労士といった専門家が、雇用関係の相談に応じています。
続きを読む

画像の説明

弁護士の職域の拡大

現在、法曹人口の増加により、弁護士の職域も拡大し仕事内容も多様化してきています。そこで今回は、弁護士の新しい働き方を紹介します。
続きを読む

画像の説明

司法修習生の就職活動

 リーマンショック以来、大学生の一般企業への就職率は低迷していましたが、ここ数年は改善の兆しが見えてきています。一方、司法修習生の就職は厳しい状態が続いています。今回は、修習生(主に弁護士)の就職活動にスポットを当ててみたいと思います。
続きを読む

画像の説明

災害時に弁護士が果たす役割

弁護士、司法書士、土地家屋調査士などの専門家でつくる「阪神・淡路まちづくり支援機構」が、「来るべき災害に備える連携力」と題して、シンポジウムを行うとの報道がありました。
続きを読む

画像の説明

2014年の司法試験の合格者の実情

2014年の司法試験の結果から、合格者のバックグラウンドを探ります。
続きを読む

画像の説明

広がる弁護士と福祉機関の連携

知的障害などがある容疑者・被告人の弁護のために、弁護士と福祉機関が連携する事例が増えているといいます。
続きを読む

画像の説明

弁護士盗撮は肖像権の侵害?

業務中に自身の写真を撮影された弁護士が、探偵業者に肖像権を侵害されたとして、損害賠償を求めていた裁判の判決が14日、京都地裁でありました。
続きを読む

画像の説明

これから法曹を目指す方へ

これから法曹を目指す学生や社会人のみなさんには、勉強を開始するにあ
たって経済的な不安がある方も少なくないのではないでしょうか。そこで、法科大学院などで必要となる費用などについて紹介します。
続きを読む

画像の説明

日弁連が生活保護パンフレットを作成

日弁連は生活保護の制度利用を促すパンフレットを作成し、ホームページ上に公開しています。このパンフレットは、生活保護制度についての解説のほか、生活保護申請書も添付されたものになっています。
続きを読む

画像の説明

難民支援協会とTMI総合法律事務所がプロボノで連携

NPO法人難民支援協会のプロボノプロジェクトの正式パートナーとして、TMI総合法律事務所が新たに参加することになったとの報道がありました。
続きを読む

画像の説明

法科大学院、来年度42校で補助金削減

文部科学省は、1月16日に、平成27年度の法科大学院向け補助金を決定しました。現行より増額は8校。一方、42校は削減と厳しい結果となりました。
続きを読む

画像の説明

予備試験の出願の注意点について

平成27年司法試験予備試験の出願期間が来週1月19日(月)より開始となる。そこで、司法試験予備試験初受験者のための注意点をまとめてみた。…続きを読む

画像の説明

弁護士への初期相談サービス「弁護士直通ダイヤル」がスタート

日弁連はプリベント少額短期保険株式会社と提携して、本年1月13日から弁護士への初期相談サービス「弁護士直通ダイヤル」および「弁護士の紹介」サービスを開始したとのことです。
続きを読む

画像の説明

当番弁護制度発足から25年

今年、当番弁護制度が発足してから25年を迎えます。この制度は福岡県と大分県の弁護士会が全国に先駆けて、1990年に始め、92年から全国的に実施されるようになりました。
続きを読む

画像の説明

予備試験制度の現状と今後のあり方

現在の司法試験制度下では、法科大学院の教育課程を経た者だけが受験資格を取得できるのが原則である。もっとも、予備試験に合格すれば、法科大学院に行かなくても司法試験の受験資格を取得できる。
続きを読む

画像の説明

弁護士の懲戒処分件数は98件~2014年版弁護士白書

2014年版の弁護士白書によると、2013年の弁護士の懲戒件数は1997年以降で過去最高の98件に上っています。
続きを読む

画像の説明

弁護士の訪問相談サービス「アウトリーチ」

福岡弁護士会と法テラス福岡が共同して「アウトリーチ」と呼ばれる出張相談サービスを昨年の11月から開始しました。
続きを読む

画像の説明

アンダーソン・毛利とビンガムが統合~弁護士事務所も再編の時代か

昨年の12月、アンダーソン・毛利・友常法律事務所とビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所が2015年4月を目途に経営統合することを発表しました。
続きを読む

画像の説明

弁護士ドットコムが上場~弁護士にもマーケティングが必要

法律相談のポータルサイト運営事業などを行う弁護士ドットコムが、昨年12月に上場。弁護士のマーケティング支援の分野で成長している企業として注目を集めています。
続きを読む

画像の説明

新任の検察官、女性の割合が約4割

昨年の12月22日、司法修習を終えて新しく検事として任官される74人が、辞令の交付を受けました。その中で女性の数は29人。新任検事の39%を占めています。
続きを読む

画像の説明

法科大学院修了者の合格率を7割以上とするための制度改革が始まる

文部科学省は、中央教育審議会の提言を受けて法科大学院の定員を大幅に削減して2018(平成30)年度には修了者の7割以上が司法試験に合格できるようにするという改革方策とその工程表をまとめました。
続きを読む

画像の説明

二回試験、今年の不合格者は42名

最高裁は16日、司法試験に合格し、修習を終えた2015人を対象にした卒業試験(考試)に、1973人が合格したと発表しました。
続きを読む

画像の説明

急増する「弁護士と依頼人とのトラブル」

法律のプロである弁護士。しかし、近年、その弁護士の経験不足や知識不足が原因となって、かえってトラブルが深刻になっているケースが急増しています。
続きを読む

画像の説明


powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional