司法試験、予備試験の受験生のための情報配信サイトです。

これから法曹を目指す方へ

これから法曹を目指す方へ

法科大学院・予備校の学費

 現在の制度の下では、司法試験を受験するには、法科大学院を卒業するか又は予備試験に合格するすることが必要とされています。
 法科大学院で初年度にかかる費用は、国公立で100万、私立で150万程度かかるのが通常で、この他にも生活費などが必要となりますので、入学時に最低でも500万程度必要となるものと考えた方がよいでしょう。もし、経済的に厳しいのであれば、奨学金を借りて進学するのか、予備試験のルートに進む他ありません。
 また、受験生の多くは、より合格に重点を置く予備校の基礎講座や論文講座・答案練習会を利用しており、期間やコースにもよりますが、基本的なコースでも100万程度必要となります。

司法修習における貸与制度

 司法試験の合格者が、裁判官・検察官・弁護士として働くには、合格後一年間の司法修習を受ける必要があります。
 この期間について、以前は給与を国が修習生に支給する「給費制」が採用されていましたが、現在は国の財政状況などの理由により「貸与制」が採用されています。

コメント

 法科大学院では現在、政府からの補助金が削減されたり、募集停止・統廃合が進んでいます。また、本来例外的なルートであるはずの予備試験の合格率が予備試験開始当初と比べると格段に上昇しており、予備試験合格者の本試験での合格率を見てみても、予備試験は法曹になるための現実味のあるルートとなっています。このように、司法試験受験生の置かれている状況は新司法試験に移行して以来、絶えず変化してきており、これからも変化していくものと思われます。
 このような状況の下で、これから法曹を目指す学生・社会人のみなさまが、自らの経済的事情を踏まえて、奨学金を借りて法科大学院へ行くのか、就職して働きながら予備試験を受けるのか、といったような合格までのルートを考えるきっかけとなれたら幸いです。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional